カテゴリ:日記( 5 )

妻の内職の手伝いをする優しい夫

昔はすこし貧しい家庭のお母さんが、造花を手作りするなどの内職の場面を良く見た気がします。
しかし、いまは内職ということにそんなイメージはありません。

ちょっとした隙間時間にわずかでもいいから生活の糧を作りたいという主婦の方などには結構ポピュラーなようです。
なにを隠そう私の妻も内職をしてくれています。
専業主婦ということもあり、隙間時間を作ってはせっせと作業をしています。

今の仕事はシャープペンシルの部品をくみたてて、完成品にするというものです。
ひとつひとつの作業はそんなに難易度が高いものではないため、誰にでもできるかと思うのですが、その量が問題。

私も興味本位で少し手伝ったことがあるのですが、同じ姿勢で同じ作業の繰り返しを延々と続けるため、正直体が痛くなります。

いわゆる同じ姿勢のまま少ししか動かないために、筋肉が凝り固まってしまうのです。
簡単な作業のようで、意外に体力を使うものなのだと気がつかされました。

そして決して報酬が高いわけでもありませんので、この仕事を続けていくにはある程度の根気も必要なのかもしれません。
今後も妻は続けていくと思いますが、私も隙間時間を見つけて少しでも手伝おうかと思います。

◎友情のつなぎめと、もらう時の嬉しさ
観光地に行った際、おみやげを買って帰る時には、お店に入るとまず人数と予算が浮かびます。

普段使えて、そこそこ喜んでもらえるものを想定。
お茶の産地なら和紙で包んだ小さな筒に入ったお茶とか、和柄のケースの使える民芸品とか、美味しいお菓子とか、まあ簡単にと考えれば、ハンドタオルや小物になります。

また、お土産をもらうと、有難いな、と思います。出先で僅かであっても、こちらのことを考え、時間を割いてくれたことに感謝します。

その上で、これまでもらって嬉しかったのは、京都や沖縄の民芸品で、これはなかなか自分では行けない場所での品物ということもあって嬉しかったです。また、北海道のお土産は、食べ物関係が嬉しいです。
お取り寄せも出来るけれど、何となく、そこまでして、という気持ちもあり、普段買う機会がないのもあり、余計に嬉しくなります。

おみやげというのは、気持ちと思い出のおすそわけみたいなものだろうかと思いました。

この先、おみやげを誰かに選ぶ機会や、いただく機会がどのくらいあるかは分かりませんが、喜んでくれるかな、という気持ちと、楽しい旅先で自分のことを覚えていてくれてありがとうという感謝は忘れずに持っていたいと思います。
[PR]
by atsuum | 2012-05-08 05:28 | 日記

正に実写版宇宙戦艦ヤマト。今日はワープでどこに行く!?

遂にタイムマシーンが現実味。
そんな科学界のビッグニュースが光りより早いニュートリノが観測されたとの事。

難しいことは分かりませんが、この世に光りの速度より早いものは無いとする常識が覆る可能性もあるとか。
何しろ、誰もが知っているアイシュタインの誰もが理解できない相対性理論が覆るという事で天動説から地動説の転換よりもインパクトのある発見だとか。

とても凄い発見かもしれませんが、如何せん知識の浅い人間にはピンともこないですが、
とにかく今までの常識をがっつりひっくりかえすような発見だということ。

ということでもし、この発見が真実であればワープなんて想像の世界、も机上の話から
多少でも現実に近づいたようです。

といってもこのニュートリノという物質、人間が発見してということが最近分かっただけであって、ニュートリノ自体は今までも普通に存在していたという事。

つまり人間が認識してなかったというだけの話。
そして人間の認識していないことの方がはるかに多いということも。

どこでもドアももうすぐ!?

△楽しみにしている旧作のリメイク
「宇宙戦艦ヤマト2199」というアニメが発売中です。
これは、「宇宙戦艦ヤマト」のリメイク作で、主軸の話とかあまり変えていませんが少し現代風です。絵も綺麗です。

完全な旧作ファンの人はどう思うかは分かりませんが、私は後で全作見てファンになったリアルではないので、新しいと受け止めています。
髪形や性格も少しだけいじってますが、私は好きです。また、完全なオリジナルビデオなのですが、発売が待ち遠しいです。

話だけなら主立っては変えていないので展開などは知っているのですが、それがどう描かれているのか、いくのかがすごく楽しみです。
旧作の関係者を多く使ったりもしてますね。

私としては、「2」も「3」も「映画版」もリメイクしてほしいですが、そこまでしたら駄目かなとも思ってしまいます。
「宇宙戦艦ヤマト」というアニメはある意味でファンにも世界観が出来上がっていますから、壊せない一戦があるのですよね。
ですがまったく知らない状態で見るのもお勧めな作品です。
[PR]
by atsuum | 2012-04-06 22:11 | 日記

お気に入りのアロマディフューザー

今日は私のリラックスツールを紹介したいと思います。
ちょっとストレスがたまりやすい体質なので、これまで色々とリラクゼーションに関しては、試してきたのですが、最終的にはアロマディフューザーに落ち着いています。

ちなみに、これまで試してきたのは、
・足つぼマッサージ
・整体
・ジム通い
あたりですかね。

あとは、ダイエットもかねて話題になっていた黒人の先生が踊るDVDとかも試してみましたけど、基本的に自分の家でドタバタやるのは嫌いみたいです。
他の足つぼや整体に関しては、最初は良いのですが、そのうちに「行くのが面倒!」「お金がかかる」というような理由で、段々と足が遠くなっていっちゃうんですよね。

そこで友達から教えてもらったのがアロマテラピーってわけ。
テラピストの友達が、やるならディフューザーを使った方がいいよ。と言っていたので、ネットでさっそく購入してみたのです。
ちなみにアロマディフューザーおすすめ通販に詳しく書かれています。

探し始めると、非常に種類が多くて迷ったのですが、私はラサーナのアロマディフューザーに決めました。
理由は「値段が安かったこと」もそうなのですが、実は髪のトリートメントでラサーナにお世話になっていたことがあって、その時にクオリティが高かったんですね。

なので、アロマ関係のツールをラサーナが出していることに気がついた時はビックリもしましたが、「もうこれしかない!」って感じで、即決に近かったですね。

価格は安すぎず、高すぎずの5250円で調度良いと思いますよ。

■リニューアル
ラサーナのディフューザーは、可愛いんですけど、1年ごとにデザインがリニューアルされてしまいます。
なので、今年可愛かったとしても、来年は、何だか細長くてダサくなってしまうことがあるんです。

実際2012年のフォルムは個人的にはイマイチだと感じています。

2011年版は、無印良品のものと激似というか、ほぼパクリに近いものがありましたがので、そういった意味でも大きく姿を変えてきたのかもしれませんね。

しかし機能面においては、年々改良が加えられているので、無印を買うよりかはラサーナを選んでおいた方が無難だと思いますよ。

タイマーやミストの量など、私はこちらの方が性能が良いと思っています。
[PR]
by atsuum | 2012-01-20 11:51 | 日記

3B体操で音楽に合わせて楽しく!

独自の道具を使って健康作りをする『3B体操』というものがあります。
この県大会が行われていたようです。

参加された人達の中には子供達やご高齢の方々、体に様々な障害を持たれる障害者の方々まで参加されていたようです。
3B体操は手具と呼ばれるものを使って行う体操で、福岡市の方が1971年に始めたのがきっかけで全国に広まった体操だそうです。
多くの方が参加され健康作りの体操を行われたということで、とてもいいことですよね。

子供からご高齢の方、更には障害者の方までも参加されていたそうで、皆さん楽しく体操できたことでしょう。
体操にも様々な種類がありますが、このような珍しい体操もあるんですね。

どのようなことをするのかというと、様々な音楽に合わせて手具を扱い体を動かしていく体操だそうで、面白い形の体操だと思いますねー。

私は近年体操なんてしてないものですから、健康が少し心配です・・。
これから運動を始める時の候補として、メモして覚えておきたいと思います。

■ラジオ体操から3B体操へ
私たちが小学生だった頃は、夏休みは毎朝、早起きしてラジオ体操に行かされていた記憶があります。

とにかくラジオ体操ってつまらないんですよね。
動きも単調だし、ラジカセから聞こえてくる人の声も聞き飽きてしまった人も多いと思います。

この間、日曜日に公園をジョギングしていたら、その懐かしいラジオ体操の音楽が聞こえてきたんです。

それで、見回してみると、高齢の方たちが立ち止まって、まとまるでもなく各々がその場で体操をしているんですね。

ラジオ体操って日本の国技みたいなものなんだなぁ。
とその時に思いましたが、私にはやっぱり単調に思えてしまいました。

ここは思い切って3B体操など、新しいものを取り入れてみるのはいかがでしょうか。
子供には、どんどんと新しい刺激を与えてあげないと退屈してしまうのです。
[PR]
by atsuum | 2012-01-15 17:45 | 日記

音楽の力は偉大です。

東北の大地震から半年が経ち、テレビでは色々な特別番組をしていました。
改めて映像を見ると、言葉が出ない程の衝撃が蘇ります。
被災者の皆さんにとっては映像以上に音や空気など五感全部で自信や津波の恐ろしさを体感し、生まれた街や家、肉親や友人を失った人も多いわけでその心のうちは想像しきれないほどのものだと思います。

そんな中救被災地仙台市でスウィングコンサートが開かれたそうです。
被災した人も演奏に参加し、とても前向きな思いがしました。
震災以降、多くのミュージシャンが被災地支援ということで募金や寄付、コンサートなどを実施していますが、被災者にとって音楽という存在が非常に大きいのだなと痛感しました。

決して、音楽そのものが復興を進める具体的な手段ではないと思いますが、音楽に触れる事で折れかけた心が少しでも立ち直ったり、精神的な不安を取り除いたりと、その効果は非常に大きいと思います。
現実を目の当たりにすれば途方も無い不安が生まれるのですが、楽しく音楽を奏でたり、聞いたりすることでその不安の中に希望であったり、前向きな発想をうんでいくのだと思います。

まだまだ復興は始まったばかりですが、希望はゼロではなく大いにあるのだと思えました。 

◆グレイのテルさん
そういえば震災直後に、グレイのテルさんが独断で、youtubeかどこかに歌を乗せていましたね。
一人が独断でやると、他のメンバーが何もやっていない?
と思われるので、本当はメンバーも集めてグレイとしてやった方が良かったと思いますが、それでもテルさんには何か思うところがあって、行動を抑えきれなかったのでしょうね。

テルさんは打算的な人ではなく、どちらかというと天然?
とも言われているので、メンバーも許してしまうのだと思います。
[PR]
by atsuum | 2011-12-05 05:05 | 日記


音楽や日々の出来事について独自のeyeで書いています。


by atsuum

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

日記
音楽

以前の記事

2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月

フォロー中のブログ

その他のジャンル

i2i

海外ドラマ

最新の記事

夏といえば・・・夏フェス!
at 2012-07-09 06:08
妻の内職の手伝いをする優しい夫
at 2012-05-08 05:28
正に実写版宇宙戦艦ヤマト。今..
at 2012-04-06 22:11
豊田通商などが自動車向け音楽..
at 2012-02-09 11:05
お気に入りのアロマディフューザー
at 2012-01-20 11:51

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧